スタイル

スタイル

アメリカ

アメリカの雑貨

アメリカのインテリア

  • eames/イームズ
  • herman miller/ハーマンミラー

アメリカの飲み物

コーヒー
ワイン

パン類

  • ピザ(Pizza)-元々はイタリア料理ですがアメリカで変化し、イタリアのそれとはかなり違うものになっている。
  • ドーナツ(Doughnuts)
  • ベーグル(Bagel)
  • ビスケット(Biscuit)-イギリス料理のスコーン(Scone)に相当する。
  • プレッツェル(Pretzel)
  • パンケーキ(Pancake)
  • マフィン(Muffin)
  • ワッフル(BelgianWaffle)
  • フレンチトースト(Frenchtoast)
  • コーンブレッド(Cornbread)

パスタ類

イタリアや日本よりスパゲッティをかなり柔らかめに茹でる習慣がある。

  • スパゲッティ・ウィズ・ミートボール(SpaghettiwithMeatballs)-ミートボール入りのトマトソースのスパゲッティ。
  • フェットチーネ・アルフレード(FettuccineAlfredo)-チーズの入ったクリームであえたフェットチーネ。
  • マカロニ・アンド・チーズ(MacaroniandCheese)

飯類

  • ジャンバラヤ(Jambalaya)
  • カリフォルニアロール(CaliforniaRoll)-アメリカの寿司は酢を利かさないものが多い。
  • ホッピン・ジョン(Hoppin’John)-米と黒目豆を炊き込んだ料理。
  • シアトルロール(SeattleRoll)-カリフォルニアロールの一種。

スープ類

  • チャウダー(Chowder)
  • ガンボ(Gumbo)
  • ヴィシソワーズ(Vichyssoise)
  • チキンスープ(ChickenSoup)
  • ピーナッツスープ(PeanutSoup)-ヴァージニア州の名物スープ。

サンドイッチ類

  • ハンバーガー(Hamburger)
  • ホットドッグ(Hotdog)
  • スロッピー・ジョー(SloppyJoe)-トマトソースで煮込んだ挽肉をバンズではさんだもの。

肉料理

  • ビーフステーキ(BeefSteak)
  • バーベキュー(Barbecue)
  • ミートローフ(Meatloaf)
  • ローストチキン(RoastChicken)
  • フライドチキン(FriedChicken)-主に骨付きの鶏肉を揚げたもの。
  • テリヤキ(Teriyaki)-日本とは違い、テリヤキソースは肉料理にしか使わない。
  • ポークチャップ(PorkChop)-下味を付けた豚の骨付き肉を焼いたもの。
  • ローストターキー(RoastTurkey)-感謝祭に家族で食べる七面鳥の丸焼き。
  • バッファローウイング(BuffaloWings)-辛く味付けした鶏の手羽。セロリとブルーチーズドレッシングが添えられる。

魚介料理

  • ゲフィルテ・フィッシュ(GefilteFish)
  • シュリンプ・スキャンピ(ShrimpScampi)
  • ソフトシェルクラブ(SoftShellCrab)
  • クラブケーキ (Crabcake)-蟹肉を寄せて固めたもの。
  • オイスター・ロックフェラー(OystersRockefeller)-カキにホウレンソウ、ホワイトソース、チーズを乗せ、オーブンで焼きグラタン風にしたもの。

野菜料理

  • フライドポテト(FrenchFries)-ジャガイモのフライ。アメリカではフレンチフライと呼ばれる。
  • マッシュポテト(MashedPotato)
  • ハッシュドポテト(HashedPotato)
  • コールスロー(Coleslaw)-キャベツのサラダ。
  • シーザーサラダ(CaesarSalad)
  • コブサラダ(CobbSalad)

シリアル

  • オートミール(Oatmeal)
  • コーンフレーク(CornFlakes)
  • グラノーラ(Granola)

その他

  • ポーク・アンド・ビーンズ(PorkandBeans)
  • チリコンカーン(ChiliConCarne)-一般的には通称のチリ(Chili)の名で呼ばれる。
  • ポットパイ(PotPie)
  • キャセロール(Casserole)
  • クロケット(Croquette)
  • ブリンツ(Blintz)
  • クレプラハ(Kreplach)
  • トルティーヤ(Tortilla)
  • エッグベネディクト(EggsBenedict)
  • アメリカンドッグ(CornDog)-ソーセージに衣を付けて揚げたもの。アメリカではコーンドッグと呼ばれる。
  • チャプスイ(ChopSuey)-中華風の煮込み料理。

アメリカのスイーツ

  • ドーナツ(Doughnuts)
  • ベーグル(Bagel)
  • ビスケット(Biscuit)-イギリス料理のスコーン(Scone)に相当する。
  • プレッツェル(Pretzel)
  • パンケーキ(Pancake)
  • マフィン(Muffin)
  • ワッフル(BelgianWaffle)

イギリス/England

大きく分けて、豪華なヴィンテージ家具を基調とした『アンティーク』スタイル、オークやパイン材のような自然素材を基調とした『カントリー』スタイル
うちカフェ向きかは別として、『パンクロック』スタイル、実際はないですが、それっぽい雰囲気の『姫系』スタイル等にわかれると思います。

日本にはイギリス家具を扱う店は少ないため、イタリアや北欧のような選択肢はありません。『カントリー』スタイルにコーディネートしようとしても、
本物志向で揃えるにはかなりの労力と費用が必要となります。『アンティーク』スタイルにこだわると、ヴィンテージになってしまうため、コネでも
なければ、オークションで手に入れるしかありません。

労力と費用を費やせないけど、それでもイギリスっぽい雰囲気にしたい場合は、1点豪華主義か、アンティーク風家具や、オークやパイン材にこだわった製品ではなく、
合板を使用した製品にした方がいいです。

本物は引き出しの底や背板も合板ではなく、同一の素材で作られていて、使い込むことで味が出ますが、それはあくまできちんと手入れをする前提の話なので、
雰囲気を味わうだけなら、ポイントを抑えるだけか、安いレプリカで充分でしょう。

ただ、【うちカフェ】を楽しむのなら問題ないですが、イギリス式カフェとして営業するのであれば、家具は日本の無垢材のものを使い、食器や小物で雰囲気を出した方がいいでしょうね。

『パンクロック』スタイルは完全に趣味に染まった部屋なので、特にどうした方が良いというのはありません。

似たようなスタイルとして、やはりビジュアルから入る『姫系』スタイルは、全体的に白を基調として、あまり物を置かないようにするのが基本になります。とはいえ、女性なので
現実に物を置かないというわけにはいかないので、実際には物を見せない収納という方法をとるのが現実的。

そのためには部屋を借りる段階で、収納が多い部屋を借りるのがてっとり早いですが、実家だとそうもいかないでしょうから、工夫するしかありません。

また、『姫系』スタイルを目指すなら、食器は王室御用達だった『WEDGWOOD/ウェッジウッド』『クイーン オブ ハート』(カップ&ソーサーで実売8000円程度)や『セレスティアルプラチナ』(カップ&ソーサーで実売6000円程度)辺りを持ってると、かなり良いと思います。

ちょっと高いと思ったら、無地なので味気ないですが、同じく『WEDGWOOD/ウェッジウッド』のや『クイーンズプレーン』(カップ&ソーサーで実売2000円程度)なら手が出しやすいかもしれません。

イギリスのカフェ雑貨

イギリスの主なテーブルウエアメーカーとシリーズ

WEDGEWOOD/ウェッジウッド

aynsley/エインズレイ

KAYMET/カイメット

MINTON/ミントン

Roy Kirkham/ロイカーカム

Royal Albert/ロイヤル・アルバート

Royal Doulton/ロイヤル・ドルトン

  • イギリスのカフェ雑貨

イギリスの家具

主な購入手段はオークションでの売買になります。

イギリスの飲み物

イギリスのカフェごはん

イングランド料理、北アイルランド料理、スコットランド料理、ウェールズ料理に分けられ、また、これから派生したものにアングロ・インド料理があり、
基本的には主菜に大量のジャガイモを付け合わせとして食べるのが一般的。

もっとも付け合せと言っても、揚げる(『チップス』)、焼く(『ベークドポテト』)、茹でる等したジャガイモを大量に添えるため、
主食と考えてもいいと思います。

量に関係なくジャガイモを主食と思わないのは、他のヨーロッパ諸国同様、穀類は主食という概念がないためですが、
実際には薄いトーストやプティング(日本で言うプリンのことではなく、蒸し料理としての呼称)、ポリッジと呼ばれる
オートミールも食べられます。最近ではパスタやオートミール以外の
シリアルも食べられますが、イギリス独自の特徴があるわけではないようです。

また、イギリス料理は主菜となるローストビーフやステーキ、シチューや、前述のチップスやベークドポテトからもわかる通り、
シンプルな調理方法が特徴。しかし、和食ではシンプルな調理は素材の味をそのまま活かすためな事が多いですが、
イギリス料理は加熱し過ぎることが多く、食感や味がわからなくなっていることが少なくありません。

これは外国人が納豆やくさやを臭いと感じたり、日本人がブルーチーズを受け付けないといった感覚的な違いによる
差別ではなく、イギリス人自体が認める料理のまずさです。

元々イギリスには美食文化がなく、調理人が食べる側に合わせるのではなく、食べる側が自分好みの味付けをするのが前提だった
名残りなんだと思いますが、少なくともそのままカフェで出せるメニューではないでしょう。ただ、シンプルな料理ではあるので、
日本人に合わせた程度の焼き加減や、揚げ具合にすれば、オーガニックカフェのような素材の味を活かすカフェでも
出せるでしょう。自然豊かな避暑地等では雰囲気出しやすいかもしれません。

肉料理

  • ローストビーフ
  • ミートパイ
  • シェパーズパイ
  • カレー
  • ハギス – スコットランド料理
  • スコッチエッグ

魚料理

  • フィッシュ・アンド・チップス
  • キッパー (魚料理)
  • ウナギのゼリー寄せ

パン類、パスタ料理など

  • ヨークシャー・プディング
  • スコーン
  • マフィン
  • ブレッドソース
  • ホットクロスバン
  • マカロニ・アンド・チーズ

イギリスのスイーツ

イタリア

イタリア雑貨

イタリアのインテリア





イタリアの飲み物



イタリアの食べ物

パスタ

パスタ料理は第一皿に分類される。小麦粉を練って作った種々の形態の麺類(パスタ)とソースの組合せが基本である。パスタは、サラダに入れたりスープの具にしたりしても用いられる。グラタンもパスタ料理の一種である。デザートで「パスタ」の名がつくものがあるが、これはペースト状の菓子の意(パスタ参照)。

  • スパゲッティ
  • ペンネ
  • ラザニア
  • ラビオリ
  • タリアテッレ
  • マカロニ
  • ブカティーニ
  • カネロニ
  • ヴェルミチェッリ
  • ニョッキ

ピッツァ

平たくのばしたパン生地の上に具材を載せて焼いた一品料理で、軽食として供されることが多く、イタリア本国ではリストランテ格の店では商品化していない店が多い。イタリアでは安く簡単に素早く食事をすませるといえばピッツェリアでピッツァを食べることが一般的である。最も伝統あるピッツァがナポリピッツァである。イタリア各地で味付けや生地に差があり、ローマのピッツァが最も薄い。なお、アメリカのピッツァは味付けや具材などがイタリアのものとは大きく異なる。

  • マルゲリータ(ピッツァ)
  • マリナーラ
  • クアットロ・フォルマッジ
  • クアットロ・スタジョーニ
  • ボスカイオラ
  • ロマーナ(ピッツァ)
  • ナポレターナ

米料理

米料理と言えばリゾットが有名だが、米は小型のパスタと同様に扱われることも多い。米をデザートに用いるのも一般的である。イタリアはヨーロッパ一の米どころであり、料理ごとに最適な種類の米を使い分ける。

  • リゾット-米を具とともにブロード(イタリア語で「出汁」。ブイヨン参照)で煮たもの。
  • アランチーニ(スプリ)-イタリア風ライスコロッケ。
  • インサラータ・ディ・リーゾ-米のサラダ

パン

料理が給仕されるまでの空腹を紛らわせるため、また食事とともに口直しや、皿のソースを拭って食べるのに用いられる。軽食として具材を乗せたり挟んだりして一品の料理として食べることもある(パニーノ)。

  • ロゼッタ
  • グリッシーニ-トリノで有名な細長く硬いパン。
  • フォカッチャ-平らなパン。
  • ピアーダ、ピアディーナ-エミリア=ロマーニャ州の平らな無醗酵パン。
  • パーネ・カラザウ-サルデーニャ島伝統の薄い醗酵パン。
  • パーネ・トスカーノ-トスカーナ州の塩の入っていない大きなパン。
  • タラーリ

パン料理

  • クロスティーニ
  • パニーニ(パニーノ)-パンに具材を挟んだサンドイッチ。
  • ブルスケッタ
  • ティジェッレ(クレシェンティーナ)
  • ピアディーナ
  • スープ
  • ミネストローネミネストローネ-野菜や豆、パスタ等を入れたごった煮風スープ。
  • ズッパ・ディ・ペシェ-魚のごった煮。
  • ズッパ・ディ・パーネ-パンを入れたスープ。

肉料理

  • ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ-フィレンツェ風Tボーンステーキ
  • カルパッチョ-生の牛肉を薄切りにしたもの。ヴェネツィア料理。
  • コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ-ミラノ風カツレツ。
  • サルティン・ボッカ-ローマ料理。仔牛肉の包み焼。
  • オッソ・ブーコ-仔牛の骨付きスネ肉の煮込み。
  • ピカタ
  • ランプレドット

サラミ、ハムなどの肉製品

  • パルマの肉製品プロシュット
  • プロシュット・ディ・パルマ
  • プロシュット・ディ・サン・ダニエーレ
  • パンチェッタ
  • コッパ
  • グアンチャーレ
  • モルタデッラ
  • サラミ
  • ブレサオーラ-牛肉のハム

魚料理

  • アクアパッツア
  • フリット-フライ。通常、イカやエビを用いる。

野菜料理

  • カプレーゼカポナータ
  • バーニャ・カウダ
  • カプレーゼ

チーズ

  • ペコリーノとファーベゴルゴンゾーラ
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
  • モッツァレッラ
  • リコッタ
  • マスカルポーネ
  • ペコリーノ
  • タレッジョ
  • ベル・パエーゼ
  • フォンティーナ
  • グラーナ パダーノ

ドイツ

Meissen/マイセン

青い双剣がシンボルの高級感溢れる食器たち


Rosenthal(ローゼンタール)

その他のドイツブランド・メーカー

ドイツの飲み物



フランス

フランス雑貨

エルメス





その他のエルメス商品

バカラ



その他のバカラ商品 (1)
(2)

その他のフランスブランド・メーカー

フランスの飲み物

フランスのスイーツ

和風

夕庵(清水焼)



その他の夕庵(清水焼)商品

その他の日本ブランド・メーカー

インテリア

座卓

洋風の部屋と違い、座る場所が座布団や座椅子となるため、収納を除けば唯一とも言える大きな家具。

和カフェを楽しむには風情のある物を選びたいですね。

安い組立式のものもコスト的にはいいですが、その場合は耐久度の低さや、ぐらつき、塗装の熱への弱さは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

塗装の熱への弱さは敷物等で工夫出来ますが、耐久度やぐらつきは組み立て時の出来でかなり変わってしまいます。

また、中国製はピンキリなので、中国製の場合は事前に口コミをチェックした方がいいでしょう。

最近はこたつと兼用の座卓も多いので、収納が少なかったり、狭い部屋では兼用の座卓がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました